記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン用のキーボードが欲しい!

最近ミスタイプが多いので、打ちやすいキーボードが欲しいと思っています。
ミスタイプの原因は、疲れているのとキーボードが壊れてきているからかもしれません。

今、目をつけているのが、この『COUGAR 700K GAMING KEYBOARD (日本語配列版)』。


まず、見た目がかっこいい。
ゲーミングキーボードというと、外人好みなのか、宇宙人が好きそうなヤバイデザインが多いですよね?
その点、これはシンプルでしかもコンパクト。
マクロ用のキーは左側だけでなく、スペースキーの横にもあるのが面白いなと。
手前の手を置く部分は取り外せるようだけど、手が楽になるらしいので使ってみたい気がします。

気になる点は青軸のメカニカルキースイッチを採用しているところ。
メカニカルキーを押したことがあるのですが、物凄く気持ちよかったんですよね。
何か文章を書かなくても、ずっと押していたくなるくらいに気持ちいいんです。
カチャカチャという音と押し心地が良いんです。
プチプチ(緩衝材)よりも気持ちよい。
物凄く早く打てそうな気にもなれます。

ただ、音が結構するなと思ったんですよね。
私は家族が寝静まった後に毎日のようにパソコンを使うんです。
音はできるだけ静かな方が良いと思ってるんですよね。

青軸の音が一番大きいらしいので
音が小さい赤軸が良いかなと思っているんですよね。
実際に深夜に使ってみないと、許容範囲かどうか分からないのがつらいところ。

だからといって、音の小さいしょうもないキーボードに買い替えるくらいなら
今のキーボードで十分な気がします。
今のキーボードは、パソコン付属のキーボードなんですけど
どうやらゲーミングキーボードらしくて、使い勝手は良いんです。
ただ、打ちにくくなってきている。(疲れが原因かもしれませんが・・・)

ところで、音が小さそうな安い版のキーボードも出てるんですよね。
『COUGAR 500K gaming keyboard』



メカニカル方式に対して、こちらはメンブレン方式。
安いキーボードに使われている方式で、今使っているキーボードもメンブレンです。
ただ、次のレビュー動画を見てみると、メンブレンなのに、メカニカル方式を思わせるようなことを言ってるんですよね。

『今までのはゴムみたいな感じ。
 これはカチャカチャとスイッチみたいな感じ。
 一つ一つしっかりと押した感じがする。
 打つのが楽しくて小説が書けそうな感じ』

というコメントをされていますね。

これは、どういうことなのか・・・?
メンブレンでも打ちやすいとか、あるのだろうか?
メンブレンだとそんなにうるさくなさそうだし、
それでいて打ちやすいならこっちの方がいいかな?と思ったりもします。

あと、さらに静かそうなのがこちら
『COUGAR 200K gaming keyboard』



シザースイッチというパンタグラフ方式を採用しているようです。
ノートパソコンやタブレットに付属している薄いキーボードのような押し心地だと想像しています。
安いけど、どうなんでしょうね・・・
耐久性が悪そうなのと、マクロスイッチが無いのが残念かも。
といっても、マクロスイッチなんて使ってませんけどね・・・
でも、計算機、メール、音量調節用のボタンは欲しいですね。
あと、薄いキーボードだと、衝撃を吸収しないので、衝撃音?が聞こえるんですよね。
机まで衝撃が届いているような「ダンッ!ダンッ!」という音です。
強く押しすぎているのでしょうかね・・・?

地獄のミサワの「ッターン!」が「ッダーン!」という重い音になるイメージです。
でも、キーストロークが浅い分、楽に早く打てそうな気はします。
何より、安いというのが魅力ですね。

違うメーカーで、『LOGICOOL メカニカルゲーミングキーボード G710p』というのも良い感じです。



見た目はシンプルで、これは茶軸(赤と青の中間くらいの音や押し心地)を使用しています。
一番気になるところは、キーの下に「ラバー」をつけて衝撃を吸収し、打鍵音を小さくしているところです。
どんな押し心地になっているのか謎ですが、メカニカルキーの押し心地で音が小さくなっているなら、最強な気がします。

でも、見た目はCOUGAR 700Kや500Kの方が好きなんですよね。
こっちもシンプルでいいと思うのですが・・・

さらに興味深いのがこちら
『LOGICOOL ロジクール G910r Orion Spectrum メカニカル ゲーミング キーボード』



今まで「青軸」とか「赤軸」とか言ってきましたが、これは独自開発の軸『EXCLUSIVE ROMER-Gメカニカルスイッチ』を採用しているんですね。
これは、他の軸よりも高速に反応するらしいんです。
つまり、早く打てるわけです。
あと、特許出願中の非対称のキーキャップ デザインにより、指を中央に配置でき、コマンドを正しく入力できるとのこと。
キー一つ一つが指にフィットする感じなのでしょうかね?
音も静かになるように研究されてるらしいですが、実際のところどうなのか気になるところ・・・

スマホをセカンドスクリーンにできる機能なども凄そうですね・・・

機能面、実用面ではかなり最強かもしれませんね。
価格も、上記のものの中では一番高そうです。

他に、『ゲーマー向けUSB日本語キーボード・青軸モデル STRIX TACTIC PRO』



というものが気になったのですが、個人的にはこれは見送りたいと思います。
見た目が良かったり、キーボード単体でマクロを設定できるなど、おおまかにはよさそうなのですが、
最近キーボード業界に参入したてのメーカーらしいので、完成度が低いようです。
個体差はあるかもしれませんが、チャタリング(一度押しただけのに何度も押した状態になるなどの現象)が生じたり、キーがグラグラして安定しないという評判をチラホラと見かけます。
価格も安目でかなり良さげなのに、残念ですね。

価格相応ってことなんですかね。

迷うなー・・・・
どれがお勧めですかね?
他にお勧めのキーボードがあれば教えてください。








【追記】 打鍵音を軽減する「ラバー」のみを購入できることが判明・・・


Cherry MX軸等互換メカニカルスイッチ採用キーボードに対応しているとのこと。

変な角度で無理にキーを引き抜いて壊したらいけないので、キーを抜く道具もあった方が良さそうですね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aaaD

Author:aaaD

つぶやき

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。